2016年11月06日

ブライドサイ更新

ブライドサイ更新しました。
右上のリンクからどうぞ。

ここ何年間か昔の作品のリメイクばかりなので、そろそろ新シリーズ作らないとなあと思う今日この頃です。
ネタとしてはアイドルものとかいいんじゃないかなあと思います。結構格闘ものとかもスキなのでどちらか一方を検討中です。

格闘ものですと、史上最強の弟子ケンイチの美羽とか大好きだったのですが、モロ(全裸)が出る前に終わってしまいました。とても残念です。男は隠されると見たくなるものです。

隠すで思い出しましたが、昔から中西やすひろ先生の大ファンで、特に「温泉へゆこう」がぐっときます。これもまたヒロインの典子のモロがありませんでした。特に8巻の55話の今板温泉の回で、池部社長と典子が宿泊する回があるのですが、典子がお風呂でこけたとき、池部社長にマ〇コを見られて写真まで撮られてました。こういうのいいですねえ。


posted by doghouse at 05:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ハニーセレクト
この記事へのコメント
 更新お待ちしておりました。
 いや、ここから旅行話に繋がるんですか。しかもやっちゃった予告まで…いや、楽しみです。
 しかし、藤田の目的が茜というより秀一の能力にあるというのは面白いですね。NTRとは方向性が違うでしょうが、このまま秀一が悪堕ち?でエロに溺れるというのも少し見てみたいかな?
 ところで、ケンイチの女子はいずれもムチプリで私も好みです。しかし又もや歳バレネタですが、自分の一番のトラウママンガはやはり永井豪先生のエロコメ系ですね。けっこう仮面やドロロン炎魔くん(コミック版)がツボですが、特にイヤハヤ南友なんかハーレムエンドでしたから、ある意味時代を先取りしていたなあ。おそらく私は、外国人女性の様なダイナマイトバディ(死語)が好みなのでしょう。
 中西やすひろ先生は、月刊マガジンがエロ本化していた時代のOh!透明人間を見たことがあるくらいでして、絵柄がポップすぎてあまりセクシーさを感じなかったというのが正直なところです。でも、そのシチュエーションは面白そうですね。機会があったらチェックしたいと思います。
Posted by 侍じゃいあんつ at 2016年11月06日 18:38
侍じゃいあんつさん、いつもコメントありがとうございます。このあとリゾート地でのエピソードにつなげていく予定です。
ドロロンえん魔君いいですねえ、雪子姫がノーパンノーブラというところがたまりません。永井先生の漫画はデビルマンとかも好きです。あっ、グロはスキですが死姦とか趣味じゃないですよ^^;
Posted by doghouse at 2016年11月06日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177560369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック