2016年12月31日

SexerCop更新

今年最後の更新です。右上のリンクからどうぞ。

男性性器が気に入らなかったので、大幅に見直しました。
以前より使っていた3Dモデルは、ポリゴンが多いのでウェイト付けにスゴく苦労しました。
そこで、ハニーセレクトについているディルドを拝借。これを移植することにしました。

hs000013.jpg



男性性器の構造は、ほぼ2つのボーンからなっていて、先っぽが伸び縮みします。挿入アニメーションでは性器が女性のカラダをつけ抜けないように、これでコントロールしています。なので先と根元のウェイトの割合が大変重要になってきます。また、キレイなグラデーションを作らないと、縮むときに壊れますのでかなり難しいです。

hs000014.jpg



これが完成品です。ノーマルマップはディルドのものを使いました。
通常、性器はカラダとは別に独立していてをオンオフできるようになっていますが、ぼくの場合ボディの方にくっつけた形にしていてオンオフできないようにしています。

hs000015.jpg


ボディにくっつける理由は、エレクトした形を服として登録してあり、着替ええることで通常、エレクト、下向きなどのバリエーションを変えています。ストーリーの中で、ずっと勃起したままじゃおかしいので、そういった表情が必要になってきます。

hs000016.jpg



コンドームも服として登録しています。

hs000017.jpg



ゴムの根元がアニメーションでぐちゃぐちゃになるので、ウェイト付けに苦労しました。

hs000018.jpg



モザイクかけるのでいっしょなんですけど
結構、どうでもいいことに時間かけていますかね^^;



posted by doghouse at 05:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ハニーセレクト
この記事へのコメント
 年の瀬にもかかわらず、年末進行にならずに週刊ペース堅持とは、感激です。
 セクサコップはいよいよ佳境、ヤっちゃいましたねえ。開かないけど中が覗けるドアって、リアリティには欠けますが、NTRシチュとしては堪らんですな。
 今後もミカの経験豊富なところが生かされる?展開を期待しております。
 ところで、野郎のナニがディルド応用っていうのも面白いですね。最近のディルドは妙にリアルで立派なイメージがありますので、ナイスアイデアだなあ、と素直に感心してしまいました。
 ただ、恥ずかしながら一つ驚いたのが、スタジオソフトのモザイクって後がけなんですか?てっきりモザイク加工済みのパーツなんだと思っていました。今度からは、モザイクの向こう側に想いを馳せて作品を鑑賞いたします(笑)。
 今年は本当に沢山の作品を公開していただき、ありがとうございました。来年も引き続き1ファンとして応援させていただきます。
Posted by 侍じゃいあんつ at 2016年12月31日 18:33
侍じゃいあんつさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
いつもコメントありがとうございます。
>>開かないけど中が覗けるドアって、リアリティには欠けますが
www確かに、言われて見ればおかしいですね。
モザイクですが、かなりめんどくさいですよ。できたらモ無しでアップしたいのですが、それはそれで問題と思いまして、せっせと作業しております。時々忘れているところがありましたら教えてください。
旧年中は、アップのごとにコメントいただき頭がさがります。今年もできる限りアップはしていきたいと思いますので引き続き応援よろしくお願い致します。
Posted by doghouse at 2017年01月01日 04:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178223537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック